M's Record* 2007年10月

M's Record*

*** 日々のちょっとしたこと ***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンセンス

念願のTVを手に入れ
「シアタールームやーーー」とばかりDVD借りまくり
浮き足だってるところに
TVを見に来たmammyが一言

「なんか、周りがみすぼらしいなぁ。。。
特にソファー。。」

TVよりもそっちに目がいったか
部屋に入るなり、あれだけ存在感のあるTVの事には一切触れず
開口1番が、このセリフだった。


確かにね

ソファ(ベッド)も安物、騙し騙し使ってもう十数年。
座面も窪み、形状記憶でもあるまいし―
しかも、3辺全部違うときた。

もう何年も前から買い替えを検討中。
TV購入を機に
家具屋にも2度3度足を運んだ。
なかなかコレ!ってのが見つからない。。
(そりゃね、金出せばあるって。)

この後、末っ子とも行ったが
末っ子、同じソファで同じ事して
買わない分以上の笑いだけは提供したきた。



その内、寒くなってきたんでホットカーペットを出そうかと




壊したんだった。。。

急遽、家電屋担当のSさんに
「安く出来るの持って来て!この際、在庫品でいいから!」


無地だとばかり思って箱を開けた。。




ちぐはぐ・・・

上側:ソファボロ隠しのカバー
左下:ブルーのソファ

そして柄物のカーペット。

正面には、52インチ液晶TV。



まるで、ちぐはぐ。。。



週末帰って、部屋を見た長女

「なんか・・ママっぽくない。
こんなセンス悪い部屋、初めて見たんやけど。。




ママもだよ!






皮肉なことに
新しくなったテレビとカーペットのお陰。



懲りずに先行してしまうイメージ

ステキ♪


部屋・・こんなに広くも新しくも無いだろ!

スポンサーサイト

スポーツの秋―M編

仕事関係は大抵車で外出するが
出たついで、帰りがけに買い物をしている。
駐車しやすい近所のスーパーがほとんどで
家との距離、原チャで1分ほど。(歩けよ!)

その日も例外無く買い物。
車という事で心置きなく大量の食材を買いレジへ。

支払いに財布を開けると


札が1枚も無い!



思い出した。
朝、お弁当作りにバタバタしてる時の事―

末っ子「汽車の回数券買うから○千円もらうよ。
あ、後、○○費も要るから○千円もらうよ~。」

Boss「今晩、○○会があるから○万円取ったで~。」




一旦、買い忘れのフリしてレジを離れようか。
ああ、もう無理。。
無情にもピ!ピ!・・・ピ! 最後の集計キーが押された。


パニクった私は
「お金を忘れた」とは言えず
(正確に言えば、お金を忘れたのでは無い。
財布にお金が無いという事を忘れてたのだから―
と頭の中でどうでもいい言い訳をしながら)
カゴをレジカウンターに保留したまま

「お金、車に置き忘れたんで、ちょっと取りに行って来ます!」
(咄嗟に言ってしまった)

レジのお姉さん、ちょい困惑顔。



家まで取りに帰るしかない。
すぐ表通りの信号に引っ掛かりながら車の出し入れするよりは
真ん中に位置する公園を走って通り抜けた方が早いと判断。
ダッシュで店を出た。

何度も芝で足をとられそうになりながら
「車で帰ってバイクで来た方がずっと早かったかも―」
そんな考えもよぎり、引き返そうかと思ったけど
それ自体がロスになる。
もう、走るしかない。



お札を握り締め、汗だく息切れしながらレジへ―


もはや、取りに行ったのは明らかに駐車場ではない。




支払いを済ませ
やれやれと車に戻り
ヘナヘナと座って


気付く。


傍らに仕事用のバッグ。


中には、さっき集金したばかりの現金数百万。。。


(会社とはいえ自分ちのだ。家に帰るまで借りるくらいできた)



よぎりながらも、車で帰る選択をしなかった自分を恨んだ。
転ばなかったのがせめてものラッキー。(なんて思えるかい!)



こんな私だが
1番よくやってしまうのが
支払うだけ支払って買った物を忘れる。

何回もお姉さんに追っかけられ、こっ恥ずかしい思いを。


労力は伴わないが
いずれにしても大汗はかく。


新陳代謝は人以上。

どうせなら
いい汗かきたいスポーツの秋―



Bossの愛情

Bossは、ハワイ・グァムも旅行済み。
私は未だかつて海外旅行へ行ったことが無い。

そんな私に―

以前、Bossがこう言った。

いつか、ハワイに連れて行ってやる!」



拡大地図を表示



先日、Bossがこう言った。

いつか、九州に行こう!」



拡大地図を表示





ある意味、同じ海外ではあるけれど―
明らかに


どーーーんと近くなっている。

沖縄は飛ばしたし。



この流れでいくと





「おら!大島行くぞ!!」



拡大地図を表示


と、漁船に乗せられそうだ。。。





因みにBoss、結婚前にはこう言った。


「お前を床の間に飾って置く。」

「飯はお汁さえあったら他は何も要らん。」




全部





うそ。


スポーツの秋

昨日、【チンパンニュースチャンネルSP】で【SARUKE】を観ていたら
あっさりと、Bossにチャンネルを変えられ
(多分観た人も多いと思われる)【内藤VS亀田】観戦を強いられた。

そこまで興味は無かったが

あの内藤さん、以前うちの担当で、公私にわたり親しくしてた
銀行員の坂本くんによく似ている・・・
いや、彼の名誉のために言うと、彼の方が若いしずーーーっと可愛い。
言い方変えると坂本くんをボコスコに殴った後が内藤さん、って感じ。
体型体格もまんまだ。

ちょいと暴言の過ぎるまだまだお子ちゃまの大毅くん
この辺で1度締められて出直してくるのもいいんじゃないの?

って意味もあって他人とは思えぬ[坂本くん]を応援。

応援の甲斐もあって
12R終了―内藤の手が高々と掲げられた。


思わずガッツポーズで「よっしゃ!さいとう!!」
と叫んだら
Bossに「ないとう!!」
と、シャープなキレの良いツッコミを入れられた。


◎おさらい

ないとう+さかもと=さいとう=×
(そもそも、足してはいけない)



興奮冷めやらぬ間に今度はDVD。
【コーチ・カーター】

コーチ・カーター


バスケット映画。
実話なそうで、こういう系は先ず期待を裏切らない。
涙する程の感動は無かったけど
コーチ役演じるサミュエル・L・ジャクソンの熱い教えやフレーズは心に響く。
DJのREMIXで聴いたような軽快な曲がBGMに多かったのも嬉しかった。


体育会系Mには堪らぬ、スポーツ(観戦)三昧のひととき―


気分転換、スカッとしたいならやっぱスポーツ。
と言いつつも
ストレス解消に続けてるバレーもままならず
逆にストレス溜めちゃって?

目的を
ストレス解消から
運動不足解消に切り替えることで
自分を納得させてる

秋も深まる今日この頃。。。






納得できんわ。


落胆。。。

物事を能動的に取り組める体質にしてあげられなかった。
将来の構図を描くだけの意識をもたせてあげられなかった。
自らの行動が周囲に及ぼす影響を考える視野を持たせてあげられなかった。






不甲斐無い―




どうか

早くいい風吹いて。


夕暮れ時の怪

洗濯物を取り込もうとベランダに行くと




無い!

全く無い!!

干していた洗濯物が1枚も無くなっている。


フェンスごしに周りの屋根やら下を覗き込むも
何処にも見当たらない。


ワーキングルーム※に行ってみると―
(※と名付けている洗濯物おたたみ・アイロンがけ等をする部屋)


あった!





末っ子が取り込んでくれたんだ~と思い
末っ子にお礼を言うと

「してないよ~」




じゃ、誰?!


Bossは仕事から帰るなりシャワーを浴びて
サッサと会議に出かけたし・・


マジ、誰?!



「こわ~い。。」と末っ子。

「うん。怖いよな~」と答えると

「ちがう。ママがこわ~い。。自分で取り入れといて忘れとるんやろ~

失礼な!!絶対、入れてないから!
やから、ベランダに行ったんでしょが!」

「だって、よく同じ事何回も言うやん?
絶対、自分でやっといて忘れとるんよ~



確かにね
それは否定できない。

でも、それにはちゃんと理由があって
1度に家族全員揃わないから(特に長男長女も帰ってきてたりすると)
私が個々に話してると
たまたまBossや末っ子が居たりして
すると彼らは何度も同じ話しを聞くことになる訳で―
決して私は"話したこと"を忘れて何回も話してる訳ではない
(稀に、そんな時もありはするけど)

ましてや、洗濯物の取り込みだぞ。
取り込むことを忘れることはあっても
取り込んだことを忘れることは先ず!無いでしょ。

この夕暮れ時の不可解な出来事はいたいけな女親子を震撼させ
普段、鍵をかけないトコまで施錠。(末っ子は、原因はソコじゃない、と言い張ったが)
Boss不在の不安な夜を過ごした。


翌日、Bossに話したかったが
その日も用あって帰るなりすぐに出かけた。



その翌日、やっとBossに・・・





「オレよ!!」



普段した事無いよな事するから
ま・さ・か!Bossだなんて思いもしなかった。

そー言えば―
連日、いつ帰ったのかも分からない時間までやり倒してたBoss・・・

なるほどね、後で思えば納得だ。
(彼はたま~に、自分のための転ばぬ先の杖を用意する。
事実、この怪奇現象(?)騒ぎでそれどころじゃなかった。
Bossの思惑は、ある意味成功。)






それより私にかかった物忘れ疑惑?



納得がいかない。。。


ふざける前髪

最初、この髪型にした時
「前髪、伸ばしますか?
その方が顔のラインがキレイに見えますよ。
ただ、うっとおしいのは我慢しなきゃならないですが。」

「伸ばします!」そりゃ、即答するでしょ。
キレイのためなら少々のうっとーしいは我慢の域には入らない。




限界。

自分で適当に切っちゃったら

うまく言えないのだけど

生え際が浮いてきて

要するに・・


 これを1本に繋げた感じ?



あら?結構うまく表せたんじゃない?でも、無いか。。。



たかが前髪、されど前髪。
やっぱ、プロにお任せすれば良かったと
毛先はまだシャララ~ン♪維持してるだけに
このおどけた前髪が憎たらしい。。。



しかも


「ふたりして変な頭!」

同時期シャララ~ンし
同じく伸びた前髪に我慢できず
ちょんちょんに短くした末っ子と並べて言われた。



この方に。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。