M's Record* 2007年11月

M's Record*

*** 日々のちょっとしたこと ***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告まで

合格!!



やった!! d(≧▽≦*)





もっこりパワー♪




スポンサーサイト

お持ち帰り

ではない。

のに


気付いたら手元にあったコレ。

現金引換カード


某銀行の【現金引換え券】のカード。
小切手を換金してもらう際
これを渡され現金化されると引換えに返却するという物。

そう、先日のこと―

スーパーで買い物済ませて車に乗った時
(わざわざ、自宅で番号聞いたらしく)携帯が鳴ってね
「お持ちじゃないですか?」って。

「あ・・ありますね。」

「申し訳ございません!今、どちらでしょう?」
(取りに来るのか。そだよね。そっちが回収し忘れたんだから)

「○○(スーパー名)ですが・・」

「お手数お掛けしますが、持って来てきただけませんでしょうか・・」
(は?!)

・・・・

「分かりました・・」(渋々)



家とは全く違う方向。
しかも、夕方のラッシュ時(田舎でも一応はある)に
又、行く羽目になった


おかしくない?
悪いのは私か?
出向かなきゃならないのは私の方か?


因みに―




ひとり

Boss、忘年会。
末っ子、バレー部打上会→長女んちにお泊り。

急遽、[ひとり]

ということで


調達


近所のローソン&TSUTAYAで調達。



今夜はこれで ひとりパーティ 


のはずが・・・



19:30―

この時間にして既に完食。



しかもレコーダーの調子が悪くてDVD再生できず。。


KY以上

買い物は嫌いだ。
その行為も嫌いだが、人に出会うのが嫌い。
この忙しい時期になると特に時間のロスも気になる。
常に[話しかけるなオーラ]で切り抜けているが
KY(空気が読めない)知人に出会おうものなら大概は立ち話に発展してしまう。
なるべく人が居ない時間を見計らって
こそこそサッサと済ませるようにしている。


昨日―

いつものように任務遂行後、スーパーへ。
私は、2階衣料品売り場でかねてから欲しかった越冬下着を選んだ後
レジ前の赤札コーナーで、それっぽくは見えないTシャツを
鏡を見ながら体に合わせていた。
別に見栄を張るつもりは無いが
こんな時は普通に誰とも出会いたくないもんだ―

と思っていると・・・

「あっら~、Mちゃんやない!」

声をかけてきたのは、そこまでは親しくない高校の同級生。
特に害は無いと思われた。

続けて「お久しぶり。元気?」

「うん。元気よ。じゃ、また~」

で、終わる予定だった。





私が手に持っている服が気になると見えて

「買うの?」と聞いてきた。

「うん・・いや・・」(本当に迷っていた)





合格祈願!

最近、更新が滞っており皆さまにはご心配おかけしてます。

実はね・・


先週末、末っ子が大学受験。
面接と小論文だけ、という推薦入試。
先ず合格だろうと言われてるだけにプレッシャーだったり?

末っ子、私の子だから
何かやらかすんじゃないかと、気もそぞろ。。

落ち着かない日々を送っていた。


さてさて、入試日前乗りで出発!という前日―





女子高生の遠足♪

末っ子、高校最後の遠足は、動物園に行ったそうな。





こんなことしたり?


乗るな!

(さすがに、体重で潰したらシャレにならないんで
足をぷるぷるさせながら跨ってたらしい。)



又は、こんなことしたり?


持ち上げるな!




あげく後ろの看板を見ると


「★注意!★ カメに乗ったり、持ち上げたりしないでください」

当然だろ。。。


しかも、学んできたことは




やっと購入♪

価格・デザイン・大きさ・素材、全てをクリアしたソファーをゲット。
コーナー4点セットということだけは(この時点では)妥協。
本皮革で、驚愕のこの値段!(言わないけど)

届いた!

ゴロゴロ届いたこのデカい荷物
カッターナイフ片手にバッサバッサと切り開き
担いでは運び担いでは運び―
何回も空き箱に突っ込みながらも
誰かが帰るのを待てず、ひとりで作業。

人間、その気になれば動けるもんだ。
パワー健在。(翌日、筋肉痛)

本皮革ソファー


L字には置きたくなかったので配置をアレンジしてみた。
とにかく大きくて横に長いソファーが欲しかった。
この、半端な感じになってしまったコーナーは
思いの外、座り心地が良く1番人気の席に。
(なんといっても、この対角真正面にTVがある)

妥協のはずの4点セットが、バッチリはまった。

リビング


なにやら"リビング"になった。



と、思ったら・・


処分するつもりで廊下に出してあったペタンコソファー
Bossが「絶対、要る!どーしても、要る!」というので
又、部屋へ・・・


居間・・・



持ち込んだ途端、"居間"に戻った。



遊びに来た父が言った。

「ありゃ、○○ちゃん(末っ子)
今日はえらく小奇麗に見えると思ったら・・・
そのソファーのせいやったんや~
(これでも褒めてるつもりっぽい)

人まで、それなりに見えるらしい。



その後、父は視線を移し

「これは、犬を飼いよる家にあるやつみたいやの~
(犬用とは言えず、これでも気遣ってるっぽい。)

Bossお気に入りソファーを見てぽっそり言った。





笑!!

たまたま見つける。(シャレではない)

久々に腹抱えて笑った。
可笑し過ぎ♪



★youtube 携帯では閲覧できません。あしからず!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。